先輩社員の声(スタジオスタッフ)
入社の動機
13歳の夏。好きなアーティストのコンサートに行き、照明というものに興味を持ちました。
誰かを楽しませる、幸せな気持ちにさせるために多くの人が関わって一つの物を作り上げている、私もそんな輪の中に入りたいと思いました。
それから専門学校で作品制作やコンサート演習など、色々なことを経験する中で自分が先導して何かをやるよりも、全体のサポートをしている方が自分は充実感を得られると感じました。
蔭の立役者として照明だけではなく作品全体に関わることができるこの会社で働き、様々な人とふれあいたいと思い入社しました。
現在の業務内容
スタジオによって異なりますが、横浜スーパーファクトリーではスタジオにいるすべてのお客様のお手伝いをします。
朝一番にスタジオに入り、機材の把握をしてどのように電源の配線をするか、照明部・撮影部・制作部・美術部それぞれのスタッフがスムーズに仕事ができるように考え準備をしてお客様を迎えます。
撮影が始まれば、限られた時間の中で各スタッフが作業しやすい様に調整すること、スタジオ全体を把握し最善の判断をすることが私たちの仕事です。
撮影現場に入らないときは、スタジオの清掃、機材の準備などが主な仕事です。機材に触れることが次の現場に繋がります。
仕事のやりがい
初めて自分の携わったCMがテレビで流れた時、あの感動は今でも忘れません。
たくさんの人の思いが集まって一つの作品として多くの人の目に留まる、凄いことだと実感しました。
例えば水を使えば電源に注意をしなければいけないし、機材の追加があれば会社内を何往復も走ります。
汗をかくことも多いですが、スタッフの作品に対して真摯に打ち込む姿を見ると、自分もチームの一員として参加できることが誇らしく思います。
辛い時も笑顔でお客様と向き合うこと、これが何よりも大切であると感じます。
成長を実感する瞬間
1年目はとにかく先輩の後について仕事を覚える事に必死でした。
現場では予想してないことが起き、毎回やらなければいけないことが変わってきます。
いろいろな現場を経て、積み重ねてきた経験が自分を変えていくと思います。
最近は自ら進んで自分の考えを提案することができるようになり、より一層仕事が楽しくなってきました。
現場での業務はもちろんのこと、お客様に顔を覚えてもらい名前で呼んでいただけるようになりとても嬉しくなります。
人との繋がりが私の原動力になっています。
今後、挑戦したいこと
入社当時、私はカメラに対してあまり知識がありませんでした。
色々な撮影現場を見て、肌や物の質感、ライトの入り方によって全く世界観が変わる写真、そんな美しくて繊細なものに触れるうちに自分でも写真を撮ってみたいと思うようになりました。
まだまだ知識は足りないし、技術も追いついていません。
けれどもスタジオ設備、機材などを自由に使うことができ、作品撮りができる、こんなに恵まれた環境はないと思います。
自分がやってみたいと思ったこの気持ちを大事にし、支えてくれる先輩方に感謝しながら一歩を踏み出していきたいと思っています。
ある一日のスケジュール(スタジオスタッフ)
スタジオ見学
随時受付中

スタジオのこと、仕事内容のこと、もっと知りたい方は見学も随時受け付けています。

「社員の方に話を聞いて、業界のことを詳しく知ることができた!」
「実際にスタジオを見学したら更に興味が湧いた!」など、
さまざまな発見をできるチャンスです。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

045-506-8170